1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

親子でチャレンジ

【前編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

2010年12月 6日

キーワード:ゲームコミュニケーショントレーニングパス判断力練習

0004771.jpgサッカーの選手育成に限らず、子供の成長にとって重要な、「考える力」を養うということ。ジェフ市原・千葉などで長年、子供たちの指導にあたってきた池上正コーチは、この「考える力」こそが選手として、人として成長するカギだというコンセプトのもと、日々、多くの子供たちと接しています。千葉の市原スポレクパークで毎週行われている池上コーチのサッカースクール(プレイパーク)には毎回100名を超す子供たちが参加。ユニークな指導法によって子供たちのやる気を刺激しながら、サッカーの上達を後押ししています。そのスクールに潜入し、どのような練習が行われているかを取材。どうすれば子供たちの「考える力」を養えるのか、そして、子供たちの「やる気」をアップさせることが出来るのかを聞いてみました。練習の内容を見ていきながら、どのような効果が期待できるのかをチェックしていきましょう。

0004772.jpg

■チャレンジ01 参加するコートを自分で選ぶ

0004773.gif

池上コーチの練習では、まず、子供たちがどのコートでプレーをするかを考えさせます。自動的にこのコートでプレーしなさいと指導するのではなく、ここから「考える」練習のスタートです。子供たちに教えてあるのは「少ない人数のコートの方が、よりボールに触る機会も多く、プレーが楽しめる」ということだけ。子供たちはたくさんあるコートのなかから選手の数が少ないコートを選び、自主的に練習に参加するという意識を持つようになります。「やらされる」のではなく「自分で選択して練習を開始する」という意識はとても大切です。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(175件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】楽しみながら「考える」チカラを育てるメニューとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ