1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

親子でチャレンジ

【後編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

2010年12月 6日

キーワード:イタリアドリブルフェイントフットサルブラジル

茨城県水戸市や千葉県浦安市など、日本各地でスクールを展開する「マルバ・フットボールクラブ」。代表を務める浅野智久氏はブラジルやイタリアでのプロ経験を持ち、現イタリア代表監督プランデッリ氏の指導を受けたこともある異色の指導者です。前編に引き続き、浅野コーチに聞く「攻撃の基本とアイデアを身につける」練習メニューの後編をお届けします。

■チャレンジ04 ヨーイドン 1対1

0004801.gif

コーンをひし型に置き、子と父が並んでスタンバイ。スタートの合図とともに、子はコーンA‐B間をドリブルで走り抜けます。父はコーンCからスタートし、コーンD、Aの外側を回って守備に入ります。子は父が来る前にシュートを打てば勝ちとなります。難易度を上げるときは、父のスタート地点をDからにします。すると、父の方が速く守備につくことができるので、子はコーンA‐B間の他に、A‐D間へと、父の逆方向へ進むことも視野に入れてドリブルをしましょう。

0004802.jpg

コレが身につく!
「年齢が低い場合、前に相手がいる1対1は難しいので、子どもに有利なシチュエーションを作ります。子どもは相手の存在を感じながら、ドリブルをすることができればOKです」(浅野氏)

■チャレンジ05 ライン通過 1対1

0004803.gif

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  5. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  6. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  7. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ