1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 子供の怪我を防ぐ簡単なトレーニング「足指をまげるだけで腰痛は治る!」

本・書籍

子供の怪我を防ぐ簡単なトレーニング「足指をまげるだけで腰痛は治る!」

2014年8月 6日

キーワード:新刊

以前、指導者向けに発行されているJFA(日本サッカー協会)テクニカルニュースにてオスグッド・シュラッター病(成長痛)の特集が組まれた。オスグットは、簡単にいうと大腿四頭筋に負担がかかり過ぎるため起こるスポーツ障害と定義されている。歩いたり走ったりすると、膝のあたりにズレが生じて痛みとなり、【『オスグットにならないためにはコレをすれば良い!』『オスグットになったらコレをすれば良い!』という特効薬はない】(JFAアカデミーより)。
 
対処法とされているのは、大腿四頭筋への負担をコントロールすること。つまり、負担のかかるトレーニングの頻度を減らすしかない。だが、クロード・デュソー氏が「基礎技術の習得は15歳までが非常に重要。膝や足に痛みがありながら基礎技術の練習を行っても上達しない」というように、それでは解決方法にならない。
足指をまげるだけで腰痛は治る!
では、オスグッドとどう向き合うべきか。そのトレーニングが紹介された書籍『足指をまげるだけで腰痛は治る!』が出版された。腰痛をメインに取り上げられている本書だが、『GetSports』(テレビ朝日)にも取り上げられた中山雅史氏のリハビリ内容にも触れられている。膝の怪我から、歩くのが精一杯になってしまった中山氏が走れるようになったのは、本書にある「足指トレーニング」の成果である。
 
膝の怪我の恐ろしい所は、急に痛みが来るということである。久保竜彦氏も、障害とは無縁の選手だった。それが、2004年から腰痛に悩まされ、2007年には膝の痛みが発症し、日常生活もままならなくなってしまう。そんな久保氏が再び現役復帰できたのも、夏嶋氏の「足指トレーニング」の成果である。久保氏は、自身のような怪我を子供たちに抱えて欲しくないと本書にて語っている。将来は農業をやると公言していたが、現在、現役を続けながら子供たちを教えている理由がそこにある。
 
「大人になって、痛み抱える人は多いけん、そういう癖がつかないようにしないといけない。(教えている子供たちが)変な靴履いて来たり、カカトふんずけてきたり。(合成樹脂のサンダルのような)柔らかい靴履いたり。そういうのを(注意して)言ってやるだけで(子供たちの将来が)全然違いますからね(*本書では子供が履くべき靴や靴の履き方も取り上げている)。やっぱ痛くなるのはいやだし、子供にはそうなって欲しくない。」
 
久保氏は、子供たちの前で「足指トレーニング」をみせる。「子供は真似をするから、大人がその大事さを知らないといけない」と言い、本書の取材にも快く応じてくれた。
多くのJリーガーたちが、「足指トレーニング」で膝に生じるズレを改善してきた。『足指をまげるだけで腰痛は治る!』は、オスグッド対策にきっと役立つはずである。
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 子供の怪我を防ぐ簡単なトレーニング「足指をまげるだけで腰痛は治る!」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  8. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日

一覧へ