1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生

本・書籍

情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生

2014年3月 5日

キーワード:川崎フロンターレ新刊

長く闘病生活を続けてきた父の克博さん(享年61歳)が、2013年5月12日に逝去。残された遺書には「日本代表になれ 空の上から見とうぞ」と記されていました。昨年、自身初のJリーグ得点王に輝けたのも、亡き父からのメッセージに奮い立ったからこそでした。
 
web_okubo02_300.jpg
 
「息子をプロサッカー選手にするという夢に、お父さんは、人生を賭けたのだと思う。俺が国見に行っている間には、莫大な借金を抱えていた。俺がプロになっていなければ、家族はどうなっていたか、想像もできない」(本書 第11章 再び、夢の舞台へより)
 
決して裕福ではない暮らしの中で、一心不乱に自分のサッカー人生を後押ししてくれたお父さん。時に厳しく、時に優しく、がんを患ってもなお、いつも真剣に自分に向き合ってくれた最愛の父との思い出に触れながら、親元を離れ、サッカーに打ち込むことができた少年時代、浮き沈みのあったプロ入り後、さらにはワールドカップという夢の舞台への思いをつづっていきます。父と息子が互いに見せ合う、ともすれば不器用な愛の形には、胸を震わせずにはいられません。
 
本書『情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生』は、いわば、父と息子がつむぐ、夢を叶えていく、魂のストーリーでもあります。著者が所属してきたセレッソ大阪、ヴィッセル神戸、川崎フロンターレのファンにとって必読なのはもちろん、“男”としての生き方を見つめなおすという意味で、すべての息子諸君と、すべての父親たちが、手に取ってほしい一冊となっています。
 
<著者>
著:大久保嘉人
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ