1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 日本代表ベスト8 ブラジルW杯・対戦国シミュレーション分析

本・書籍

日本代表ベスト8 ブラジルW杯・対戦国シミュレーション分析

2014年2月25日

キーワード:ワールドカップ日本代表

2014年の6月に開幕するブラジル杯。2013年12月の抽選により、日本代表はコートジボワール、ギリシャ、コロンビアと同組となった。世界中のサッカーに精通し、ザックジャパンをチーム発足からつぶさに取材を重ねてきた著者だからこそ書けるワールドカップ対戦国シミュレーション分析。
 
表紙
イメージや雰囲気にとらわれず、正確な分析で対戦国を精緻に攻略する。本書を読めば、2014年ザックジャパンのブラジルでの戦いを徹底的に味わい、楽しむことができる。日本代表は世界との戦いで見事グループリーグを勝ち抜き、その先のベスト8にたどり着くことができるのか?
 
 
<コンテンツ>
序章:『ベスト8は日本の悲願』
 
第1章:『グループリーグ第1戦 VSコートジボワール』
・手ごたえを掴んだスタジアムで迎える初戦
・若手監督サブリ・ラムーシとは?
・ドログバが「王様」たる理由
・ヤヤ・トゥーレのFKに要注意
・ジェルビーニョが最も危険
・ドログバ対策はボランチがカギ…………他
 
第2章:『グループリーグ第2戦 VSギリシャ』
・グループリーグ中最も難易度の高い相手
・意外な厚みを生み出すサイドバック
・得点のカギを握る本田×ツィオリス
・ギリシャのカウンターパターン①~③
・柿谷はジョーカー起用が効果的か
 
第3章:『グループリーグ第3戦 VSコロンビア』
・ファルカオ欠場の穴を埋めるストライカーたちをスカウティング
・【3‐4‐3】のサイドでの数的優位をコロンビア戦で生かす
・クロスに迫力をもたらすのはボランチ
・終盤にリードされていた場合は?
 
第4章:『死の組から勝ち上がってくるのは?~そしてベスト8へ』
・1 日本VSイタリア
・2 日本VSイングランド
・3 日本VSコスタリカ
・4 日本VSウルグアイ
 
終章:『ザックジャパン、未知なるステージへ』
 
<著者>
河治 良幸(かわじ よしゆき)
1973年生まれ、東京都出身。青山学院大学大学院・博士課程を卒業。2000年より、サッカージャーナリストとしての活動をスタートする。プレー分析を専門とし、サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で日本代表の記事を担当する傍ら、各国リーグや欧州チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、コパ・アメリカ、ユーロなど、世界のサッカー大会を幅広く取材し、多数の専門紙に寄稿。人気アーケードゲーム『WCCF』シリーズでは、2001年稼働の初回版から今日にいたるまで、選手プロフィールの提供と開発協力を行っている。主な著書に、『勝負のスイッチ』(サッカー小僧新書)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)がある。ザックジャパンを継続的に取材し、ブラジルW杯は、開幕から決勝戦まで取材予定。
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 日本代表ベスト8 ブラジルW杯・対戦国シミュレーション分析

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. ケンタッキーフライドチキンカップ(埼玉)参加チーム募集
    2017年1月17日

一覧へ