1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. サッカーは最初の5分を見よう

本・書籍

サッカーは最初の5分を見よう

2014年2月 6日

キーワード:新刊

13年夏、サッカーの現場観戦5000試合を達成したサッカージャーナリストの後藤氏が、これまでサッカーのどんな部分を見て、楽しんできたのかをポイントに分けて記した本書。
 

20140206book.jpg

 
50年間で5000試合も楽しんできた氏が書く、豊富なエピソードも含めた観戦ポイントは、圧倒的な説得力。読者が本書を通して、今後サッカーという奥深いスポーツを永遠に楽しんでもらうことを狙いとしています。
 
また途中のコラムでは、5000試合中のベストマッチ5試合や、思い出のサッカー観戦旅行記を挟むなど、バラエティーに富んだ内容となっています。
 
著者プロフィール
後藤健生
1952年東京都生まれ。
慶應義塾大学大学院博士課程修了。ワールドカップからアマチュアサッカーまで、あらゆる会場に足を運ぶ、サッカージャーナリストの草分け的存在。1964年の東京オリンピックを皮切りに、5000試合を現場観戦し、その数は今なお増え続けている。74年大会以来、ワールドカップは10大会連続取材中で2014年ブラジルワールドカップも取材予定。
 
 
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(148件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. サッカーは最初の5分を見よう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ